BoaSorte!!

極めて東京寄りの埼玉県在住のエスパルスサポーターの独り言…

【TM】vs磐田

久しぶりの更新になるが、どんな事を書こうかと考えていたら1ヶ月経ってしまった。

そんな時にDAZNでこのトレーニングマッチが放送された。

Jリーグの再延期が発表され、完全非公開だったこの試合を急遽放送してくれた運営やその他関わる方に感謝したい。

3、4本目まで放送していただけたら完璧だったが。

それでもこの時期にサッカーを見れた事に感謝しなければならない。

 


結果が全ての静岡ダービー

 


1、2本目を1試合目という見方をするならば3-2での逆転勝利。

磐田キラーの後藤の2ゴールにラストプレーでの金子のループ。

普段のリーグ戦だったらゴール裏は揉みくちゃになってただろう。

TMだろうと何だろうと磐田に負けるのだけは許されない中で素晴らしい結果だった。

 


一方、内容は…

 


最近3バックにチャレンジしてるという情報はなんとなく知っていた。

試合の中で両SBが上がり、アンカーが落ちれば4バックでも同じ様な形になっていたので戸惑いはなかったと思う。

気になったのは3バックのラインコントロール

右からソッコ、マコ、福森という並びだったがラインがバラバラで裏を取られるシーンが多く感じた。

もちろんハイラインでDFライン裏は狙われる事が多いが、3人のラインを下げるタイミングとスピード、チャレンジ&カバーがまだまだの様に見えた。

 


次に気になったところは左サイドのノッキング。

六平と後藤の関係性だったが、もともと中央寄りのポジションの2人なだけに少しぎこちなさも感じた。

途中から西澤が入り、少し活性化されワイドな攻撃が増えたと思う。

 


あとはティーラシンが孤立させられた時の使い方や使われ方。

ティーラシンへボールが入る時はいいのだが、そのコースが分断された時にティーラシンがDFラインの裏を狙う動きを続けるのか、低い位置までおりてきてボール回しに参加するのかが中途半端だと感じた。

もちろんティーラシンだけでなく使う側の問題の時もある。

 


2試合目は大勝

 


3、4本目は8-0の圧勝。

誰が出ようがTV中継がなかろうが必ず勝たなければならないと言う事をしっかり理解出来ていた2試合目だと感じた。

メンバーが替わってもやる事がチーム全員に浸透していた清水に対し、大幅にクオリティが下がった磐田。

ダービー意識の差

選手層の差

カテゴリーの差

色々あるが、チーム力の差だと感じた。

 


個人的総評

 


まだまだ課題は山積みだが、磐田相手にトータル11-2という素晴らしい結果を出しながら課題も見つけられるいいTMだったと思う。

Jリーグも5/9に再開を目指しているが、あと1ヶ月浮かれる事なく課題を修正し、怪我人は1日も早く治しチーム戦術を理解して欲しい。

今年の戦闘服!!

先日、ついに予約していた今年のユニフォームが届いた。

 


今年は誰のユニフォーム?

 


私は毎年違う選手のユニフォームを買っているのだが、外国籍選手をよく買っている。

正直、どの選手でもいいのだが、毎年外国籍選手を買うので知人からも「外国人選手じゃないの?」と言われるのでそうしなければいけない感じになっている。

一昨年はソッコ、昨年はエウソンと来て、今年はドゥトラ、ヘナトの2択で悩んだ。

発売直前まで悩んだ結果、期待も込めてヘナトにした。

 


個人的ルール

 


1つ目は最低限、毎年ユニフォームは買うと決めている。

行ける試合が限られている為どうしてもシーズンシートを買う事が出来ない。

なのでせめてユニフォームはそのシーズンのものを着用しようと思っている。


2つ目は買うのは1stユニフォームと決めている。

理由はゴール裏をオレンジ色に染めたいからだ。

今年から新たにチームカラーにエスパルスオレンジという明確な色を定めたのだから余計にそう思う。

2ndユニフォームやGKユニフォームを買う人を批判するつもりはない。

むしろ感謝の気持ちすらある。

私は2着目、3着目を買うお金を遠征費に当てたいと思っている。

埼玉在住の為ホームの試合でもどうしてもお金は掛かってしまうからだ。

 


新ユニデビューはいつ?

 


そんな今シーズンのユニフォームもJリーグが中断されていたらデビュー出来ない。

再開後の日程がどうなるかまだ未定だが、4月11日のホーム仙台戦もしくは4月25日のアウェイ川崎戦になるかなと思っている。

もうすでに早く着たくてワクワクしている。

 


今年もこのユニフォームに色んな思い出が詰まっていくと思うが、その多くが笑顔であるといいと思う。

 

f:id:BoaSorte91:20200228083409j:image

Jリーグジャッジリプレイを見て

今年もDAZNでは毎節Jリーグジャッジリプレイをやっていくようで先日、その第1回目が配信された。

 


VARの効果は絶大

 


4事例中3事例はVARが導入されて早速その効果が現れた事例だった。

・浦和鈴木大輔のハンド

・川崎レアンドロ・ダミアンオフサイド

G大阪倉田のオンサイド

ハンドはルールが変更され難しくなってきているが、OFR(オンフィールドレビュー)の映像が流れるとスタジアムの雰囲気はどうしても変わってしまうと感じた。

オフサイドかどうかについては入れ替わりなど難しい事象も多い為、特に効果が現れた。

しかしこちらはOFRが行われない為スタジアムで映像が流れない。

サポーターの中には納得出来ない人も出てくるのではないかと思っている。

 


新ワード「SPA」の登場

 


昨年までのJリーグジャッジリプレイで「DOGSO」など普段聞かないワードが出てきてとても勉強になった。

今年は新たに「SPA」というワードが使われた。

SPAとは「Stopping a Promising Attack」の略称であり「相手の大きなチャンスとなる攻撃を阻止すること」を意味する。

DOGSOの決定的な得点機会の阻止の1段階下のイメージだろう。

鈴木大輔のハンドはPA内ではあったが状況的に湘南の大きなチャンスとは言えずノーカードのジャッジとなったようだ。

 


悠悟にカードのジャッジは?

 


最後の事例に取り上げられたのが89分に悠悟がレアンドロを倒してしまった場面。

これには様々な意見が出た。

DOGSOで退場では?

SPAで警告では?

そもそもラフプレーで警告では?

私は正直どれが判定されても仕方ないと思った。

おそらく主審はプレーの方向という面でDOGSOではない、悠悟はボールにプレーする意思があったとしてSPAでもラフプレーでもないとジャッジしたという見解だった。

それよりも主審のポジショニングに説得力があるという言葉にとても納得した。

奥井のバックパスが短くなりカットされる可能性があると瞬時に判断し、ほぼセンターラインからPAすぐ前までダッシュし目の前でファールを確認した。

そのうえで上記の判定をしたのだから納得できる。

VAR側もDOGSOではないと判定したから介入しなかったと思うと、とても素晴らしいジャッジだった。

 


Jリーグジャッジリプレイは毎回とても詳しく説明してくれ本当に勉強になる番組だと思う。

まだ見てない方や見たことない方は是非オススメです!!

Jリーグ一時中断!

昨日、新型コロナウイルスの影響により

本日開催予定だったルヴァン杯名古屋戦から

3月15日(日)までのリーグ戦、ルヴァン杯の全てが

延期となる事が発表された。

先週末に開催された開幕戦も

各クラブが感染、拡大の予防対策のリリースを出し

各地でマスク姿の観客が多く見られた中で

賢明な判断だったと思う。

やっと開幕したJリーグがすぐに延期され

寂しい思いもあるがこればっかりは仕方ない。

 


エスパルスとしては

この3週間の中断を有意義に過ごして欲しい。

怪我人の復帰

新戦力の適応

更なる戦術の落とし込みなど

試合をしながら成熟させる事は出来ないが

出来る事はたくさんあると思う。

 


我々は普段から

手洗い、うがい、マスク着用、アルコール消毒など

対策をしっかりして

コロナウイルスの感染・拡大を防ぐ事が

いち早く再開出来る事に繋がると思う。

 

サポーター、チーム、すべての人が

万全の状態で再開を待ちたい。

第1節 vs FC東京

f:id:BoaSorte91:20200224161733j:image

 

いよいよリーグ戦も開幕し、ルヴァン川崎戦の反省点をどれだけ修正できたのか、昨年2位のFC東京相手に何が出来るのかに注目した。

 


失点シーンを振り返り

 


1失点目のPKを与えてしまった場面では、VARが導入された以上軽率なスライディングだったかなと思う。

ヴァウドのカバーが間に合ったかもしれないし、後ろからのスライディングはやはり印象が悪い。

2失点目の場面は完全にやられたくない形だった。

ブラジル人トリオの圧倒的なこの力でねじ伏せられた感じだったので、それ以前で止めたかった。

3失点目は奥井のバックパスが短かったのが全て。

悠悟が倒してなかったとしても失点はしたと思う。

唯一の救いはレアンドロがヴォルピを交わした時にゴール方向へ向かえなかった事。

そのおかけで悠悟にカードが提示されなかった。

ゴール方向へ向かっていたら決定的な得点機会の阻止(DOGSO)となり退場だっただろう。

 


ホーム通算700得点目は…

 


それでも得点シーンは悠悟の素晴らしい積極的な守備からのショートカウンター

オフサイドギリギリでDFと入れ替わったティーラシンが落ち着いて流し込んだ。

これがエスパルスのホーム通算700得点目のメモリアルゴールとなった。

後半開始早々の相手も警戒してくる時間帯に先制出来たのは大きかっただけに3失点して逆転負けしてしまった事は全てが上手く行くとは思ってないが悔しさが込み上げる。

 


慶太が新境地開拓!

 


別メニュー調整だった竹内は結局間に合わなかったが、その代わりにボランチに起用されたのは中村慶太。

あまり前線からの守備を仕掛けて来ない東京相手にはハマっていたと思う。

長短のパスを駆使しながらパスコースがない時はドリブルで相手選手を剥がす。

西村との連携も良かったと思う。

ここに来て、慶太、西村、竹内、マコとボランチのポジション争いも熾烈になってきた。

 


総括

 


結果だけ見ると1-3と逆転負けだったが、特に前半はボール支配率67%と完全に試合を支配しとても面白かった。

特に川崎戦の課題だった前半の入りの緩さは修正されていた。

しかし後半に入り、前半から飛ばした分、失速したのとアダイウトンの投入もあり守備が後手にまわってしまい3失点喫してしまったのは新たな反省点。

 


次は2月26日(水)ルヴァン杯名古屋グランパス戦。

おそらく少しメンバーを変更して臨むことになるとは思うが誰が出てもやるサッカーは変わらない。

新たな新戦力のアピールに期待したい。

 

f:id:BoaSorte91:20200224161742j:image

リーグ戦開幕前日!

f:id:BoaSorte91:20200222204736j:image

 

金曜日からリーグ戦も開幕し各地でVARが活躍し盛り上がっているようだが、エスパルスも明日2月23日の富士山(223)の日にホーム日本平FC東京を迎えての一戦でリーグ戦が開幕する。

 


予想スタメンは?

 


カルリーニョス・ジュニオの加入、登録が間に合いメンバー入りはあるのか。

また、契約上岡崎も出場出来ない上に竹内が別メニュー調整との噂もある。

それをふまえ、明日のスタメン予想といきたい。

 


GK 32 ネト・ヴォルピ

DF 21 奥井諒

DF 5 ヴァウド

DF 2 立田悠悟

DF 8 石毛秀樹

MF 6 竹内涼

MF 34 西村恭史

MF 11 ドゥトラ

FW 30 金子翔太

FW 16 西澤健太

FW 14 後藤優介

 


SUB

GK 1 西部洋平

DF 13 宮本航汰

MF 17 河井陽介

MF 20 中村慶太

FW 9 鄭大世

FW 23 ティーラシン

FW 26 滝裕太

 


基本的にはルヴァン川崎戦のメンバーがベースになると思う。

さすがにカルリーニョスはまだメンバー入りは見送られると予想する。

そして竹内はギリギリ間に合う気がしている。

 


ブラジルトリオをどう止める?

 


今年から4-3-3を採用しているFC東京

ここまでのACL2試合で3トップはディエゴ・オリヴェイラアダイウトンレアンドロのブラジルトリオが形成している。

この3人を抑えるポイントはやはりカウンターをさせない事だと思う。

両SBが高いポジションを取っている時に不用意なミスからボールロストしカウンターを受けるとスピード、テクニック、決定力を兼ね備えた3人を止める事は非常に難しくなる。

 


勝機はあるか?

 


川崎戦のいい時間帯は中盤の選手達が前を向いてプレー出来てきた。

その為にはやはりアンカーの橋本の脇でドゥトラや後藤が起点になる必要がある。

あとは全選手がいい距離感を保ちながら試合をコントロール出来れば必ず勝機は訪れると思う。

 


間違いなく簡単な相手ではないが、昨年2位の強敵に自分達の目指すサッカーを最後まで貫いて欲しい。

入場順番待ちルールについての個人的見解

ついに今日からリーグ戦も始まり、エスパルスは日曜日ホーム日本平で開幕戦を迎える。

 


先日、クラブから今シーズンの入場順番待ちルールが発表され、昨年から少しルールが変わった。

 


①シートの年間登録入場者はシーズンシートを持っている方のみ

②西サイドスタンドゲートの優先入場

③シートの年間登録は西サイドスタンドゲートのみ

 


以上の3点が昨年からの変更点となる。

クラブは「違法駐車の撲滅」「トラブルの削減」「サポーターの並ぶ時間の短縮、負担の軽減」「抽選による公平性」を掲げているが、果たして実際のところはどうなのか。

 


②と③に関してはいい変更だと思う。

だが、①のシーズンシートを購入しないとシートの年間登録は出来ないのは、購入者以外にとっては不利益でしかない。

私は埼玉在住の為、全試合スタジアム観戦は出来ないのでシーズンシートを購入した事はない。

出来る限り行きたいとは思っているが、そもそも前日0時のシート貼りになんか早々行けるものではない。

なので昨年は静岡在住の友人にお願いしシートを登録してもらい列整理までにスタジアムへ行っていた。

しかし、今年からは列整理に間に合うように行ったところで最後尾に並ぶしかない。

悔しかったらシーズンシートを買えと言わんばかりだ。

 


そこでシートの年間登録の条件をシーズンシート購入者ではなく後援会会員とすればいいのではないか。

後援会会員であれば遠方に住むサポーターでも入る事は難しくない。

入場時にチケットと一緒に後援会会員証の提示をすれば済む。

シーズンシートの購入特典はもっと別のところにつけるべきだ。

例えば、指定席のシーズンシート購入者は待機列を別にし優先入場できる。

自由席のシーズンシート購入者はスタジアム内で使える商品券など。

 


また、抽選による公平性を掲げるならば、前日0時のシート貼りやシートの年間登録をやめ、毎試合整理券を抽選で配布すればよい。

マリノスのルールが最も公平であると思う。

試合前日の指定された時間内にクラブの公式LINEアカウントで並ぶ人数を入力し申し込みをする。抽選ののち発券された整理券の番号が順番となる。

あとは試合の列整理までにスタジアムへ行くだけだ。

これをホームアウェイ問わず全試合で実施すれば最も公平だと思う。

 


今の入場順番待ちルールがもっと公平で効率よくなる事を願っている。